洗濯やクリーニングの失敗談を紹介、失敗を避けるための方法とコツ

本カテゴリでは洗濯やクリーニングの失敗談、また失敗しないためにどうすればいいかという点について紹介します。

 

洗濯やクリーニングの失敗例


洗濯やクリーニングで失敗したことというのは、誰しも一度はあるのではないかと思います。

クリーニングでよくある失敗


たとえば、クリーニングで言えば下記のような例をよく聞きます。

こういった話は大手のクリーニング屋でも、個人のクリーニング屋でも聞かれます。やはり、大勢の衣類を一度にまとめて洗うわけですから、どうしてもトラブルが生じることもあるのでしょう。
弁償・補償・返金をしてもらうことは可能なのか?

上記のようなトラブルに見舞われた時はどうすればいいのでしょうか。全国クリーニング環境衛生同業組合連合会がつくる「クリーニング事故賠償基準」というものがあるのですが、基本的にはそこのルールにのっとって弁償をしてもらうことが可能です。

ただし、素人ですとどうしても言いくるめられたり、なかなか正しい交渉ができないこともありますので、事前に国民生活センターに相談しておく、またこうした事例に詳しい弁護士さんに相談しておくと、よりきちんと弁償をしてもらえる可能性は高いでしょう。

洗濯でよくある失敗


次に家での洗濯でよくある失敗です。基本的にはクリーニングと変わらないかとも思いますが、自宅ならではという下記のようなものがあります。

洗濯やクリーニングでの失敗を避けるためのコツ


こうした洗濯やクリーニングでの失敗を避けるにはどうすればいいのでしょうか?ここでは大きく3つのポイントを紹介します。

1. 衣類の洗濯絵表示をしっかりと確認しよう


まずは衣類の洗濯絵表示をしっかりと見ましょう。そこにはどういった洗い方がOKで、逆にダメかということがきちんと記されているのです。なかなかめんどくさくて見ないと思いますが、洗濯絵表示を調べて洗うことが洋服を長持ちさせる大きなヒントになるのです。

洗濯絵表示については下記記事で詳しく紹介していますので、併せてチェックをしてください。

洗濯表示マークの意味

2. クリーニング前には不安な点を店員さんにきちんと相談しよう


次のポイントは当たり前のように思えますが、プロだから大丈夫だろうとおろそかにしている人も多いのではないでしょうか。クリーニングに出す洋服が本当にドライでいいのか、また水洗いで良いのか、不安な場合はきちんと店員さんに相談しましょう。何か危険があるのならば、その時にきっと警告をしてくれるはずです。お店側としても事前に相談されたほうがありがたいはずです。

3. 洗濯やクリーニングについて勉強しよう


3点目は、これは洗濯やクリーニングに限ったことではないですが、自分で勉強すべきということです。何ごとも自ら勉強すればたくさんの発見があるはずです。それらは自分が生きていくうえできっと役立つはずです。クリーニングや洗濯についての書籍やネットの情報というのも実はたくさんあります。ぜひ日頃から目を通してみてはいかがでしょうか。

 

以上、洗濯やクリーニングの失敗談、そしてそれらを避けるための考え方・対策について紹介しました。お読みいただきありがとうございました。

クリーニングでニットセーターが縮んで戻ってきた

誰しも一度はニットやセーター、カーディガンなどを洗った際に、縮ませてしまったという経験はあるんじゃないでしょう・・・

クリーニング店に出した服が紛失されるトラブル

洗濯関連の失敗談として真っ先に思い出されるのが、クリーニングに出したスーツを「紛失されてしまった」ことです。年・・・

ジーンズを洗濯したらシャツに色移りしてしまった…

「ジーンズの自宅での洗濯は気をつけよう」 これは自分の中ではもう決まり事になっています。以前、自宅で白いシャツ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ