梅雨時に衣類を上手に乾かす干し方のコツ

お役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです!

美しいアジサイ

「ちょっとしたコツで洗濯物がよく乾く」

洗濯物が乾かない梅雨の季節がやってまいりました。ここ数日も雨続きでどうやら来週の月曜くらいまで日差しは見えないかもなんて天気予報で話していました。この季節、大変なのは本当に洗濯物が乾かないことです。1人暮らしの人だったりすると、下着が足りないとか寝間着が足りないとか、靴下が足りないとか緊急事態に陥っている人も少なくないはずです。

そこで本記事ではどうやって、効率的に洗濯物を乾かせるのかを考えていきます

 

梅雨だと本当に洗濯が大変

たとえば、浴室乾燥が充実しているお家だったらいいと思うんです。外に干すことができなくとも、浴室乾燥機をフル回転させればいいわけですから。でも、一人暮らしでワンルームとか1k位のマンション、アパートだとそういった機能のない家も少なくないと思います。

そうなると、本当に梅雨時は「洗濯することができなくなる」という場合もあるでしょう。雨続きで外には干せないし、かといって浴室乾燥機もないから、室内で干すのも難しい、干しても乾ききらないというような状態です。

ちなみに、梅雨時に洗濯を上手くやるためには、下記記事のようにクリーニングを活用することも大切です。お金はかかりますが、それでもすぐに、そして完全に綺麗に乾いて、洗濯物が返ってくるのはやはりありがたいです。

梅雨など雨が多い季節は宅配クリーニングが大活躍!

家電の力をフル活用

そうは言っても、なかなか頻繁にクリーニングに出すことも簡単ではないでしょう。いざ決心して室内干しを試みても、そうそううまくはいきません。このような場合に役立つのは「家電」です。必ずしも洗濯物を乾かすものではありませんが、そのために役立つ家電というのはたくさんあります。たとえば下記のような使い方です。

  • エアコンでの送風や換気モードを活用
  • 扇風機で風を当てる
  • 干す前にドライヤーを当てて水分を蒸発させやすくさせる
  • あまり乾いていないものにはドライヤーを当てる
  • 除湿機を使う
  • 思いきって乾燥機を購入する

この辺りを使うとだいぶ乾く速度と乾き方がよくなるはずです。もし家にあるようでしたら、できる限り活用するのがよいかと思います。もしいずれもないとなると、あとはコインランドリー等で乾燥させると言った方法くらいでしょうか。

急ぎでなければ、確実に綺麗になるクリーニングもオススメ

あとは、たくさんは難しいですが、シャツやズボンなどはクリーニングに出してしまうというのも良いアイデアかもしれません。宅配クリーニングであれば、外出する必要がありませんから、梅雨時でも手間をかけずに気軽にクリーニングの受け渡しが可能です。

下記のリネットなんかは、「コンビニからでも出せる」ので非常に楽ですよ


なお、リネットについては下記記事でも詳しく紹介しています。ぜひ併せてチェックしてみてください。

料金の安い宅配クリーニングならリネット

 

干し方のコツ

さて、次に「干し方」もなんだかんだ重要です。これは別に梅雨時に限ったことではないですが、どう干すかというところで、乾き方にもそれなりに差が出てきます。ここでは個人的に知らなかった!と思ったちょっと役立つ干し方を3つ紹介します。もし、イマイチ乾き辛いなーなんて思ったことがあれば、ぜひ活用されてみてください。

1. ピンチハンガーは真ん中に長いものを干す

最初は靴下や下着類なんかを干すのに使うピンチハンガーについてです。洗濯バサミがたくさんついているようなハンガーのことですね。

これ、私はこれまで両端にタオル等の長いもの、真ん中に靴下や下着などの短いものを配置していました。下着類が外から見えないための配置だったのですが、こと乾きやすさでいうとあまりよくなかったようです。外側で風が遮断されて中央部分の洗濯物が乾き辛いのです。

風がまんべんなく当たるから良く乾く

ですから、ピンチハンガーにかけるものを効率的に乾かしたいと思ったら、端に短いもの、真ん中に長いものを干すことです。これによって、洗濯物全体に風がうまく循環して、上述のような真逆の干し方はもちろん、適当にバラバラと干すよりも洗濯物が早く乾きます。

2. フードつきパーカー等は逆さま干し

次にパーカーをはじめとしたフードつきの衣類の干し方ですが、一言で言えば上下逆さまにして干しましょうということです。なぜなら、経験のある方も多いかと思いますが、パーカなどを普通に干すと、「フードが重なった部分の乾きが遅い」からです。これをて逆さにすれば。当然重なりがなくなり、風が通るので早く乾くというわけです。

洗濯時にはファスナーは閉めて、ボタンは留めておく

また、パーカーに限ったことではありませんが、ファスナーがついているものは閉め、ボタンは留めるようにしましょう。そうすることで、洗濯中にボタンやファスナーが他の衣類にひっかかたりとか、逆にボタンやファスナーが破損してしまうといったことを防ぐことができます。

干すときには開けておいてたほうがよい

特にカーデガンやシャツなどボタンが多い衣類の場合は、できるなら全部留めてしまうくらいでもオーケーです。そうすることで、「型崩れしにくくなる」というメリットもあるのでオススメです。ただし、干すときには乾きやすくするためにボタンもファスナーも開けておくほうがよいでしょう。

3. シャツも逆さま干しだと、シワになりにくく、形も崩れにくい

実はこの逆さま干しテクニックはフードつきの衣類以外でも活用できます。意外なのはワイシャツ等のシャツです。どうやるかというと、さおに直接干してしまうのです。さおを中心に2つ折りにする感じですね。こうすると形が整ったまま乾き、しわや型崩れもしにくくなります。

2つ折りは乾きやすいが、風で飛ばないように要注意

ですから、アイロンかけが最小限ですむのです。物干しざおにそのままかけるのは汚そうで抵抗があるなという方は、ハンガーを中心に2つ折りでもいいですが、その際は渇きが多少遅くなるので注意が必要です。あと、物干しざおに干すときは汚れもそうですが、飛んで行ってしまわないように気をつけましょう。衣類が風で飛ばないコツを下記記事で紹介していますので、併せてご覧になってみてください。

風で飛ばないための洗濯物の干し方のコツ

 

以上、洗濯物を早く乾かすための環境の作り方と、具体的な方法について紹介しました。

お読みいただきありがとうございました。

お役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ