洗濯物を急ぎで乾燥させる方法

お役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです!

シャツをアイロンで乾かし中

さあ、これからデートだ!なんて時に、着ていこうと思っていた洋服を外に干していたなんてこと、誰もが一度くらいはあるんじゃないでしょうか?家を出るまではあと1時間、そのまま干していても乾きそうにない、とはいってもどうしてもそれを着たい!!そういう時はどうすればよいでしょうか。

 

アイロンなら一気に乾かすことが可能

そこでオススメしたいのはアイロン、そしてそこに扇風機を組み合わせることです。この2つを組み合わせれば、およそ15分もあれば1点だけを一気に乾かすことが可能です。お化粧や着替えを済ませた後の短い時間でもきっと十分に乾かすことはできるはずです。

手順について

まず、衣類全体にドライアイロンざっとかけます。こうして洗濯物の熱を与えて衣類に含まれる水分の温度を上げることで、すぐに湿気が蒸気となりスピーディに乾かすことができます。また、生乾きの嫌な臭いのもととなる最近は熱に弱いので、アイロンを使うことでそういったリスクも大いに減らすことができます。デート前にオシャレな服を急ぎで用意したいという場合にも使える方法です。

上記のみでもほとんど乾かすことはできるはずですが、ここからさらに万全を期すためには室内干しにして、そこに扇風機の風を当てるのがベストです。熱を持った部分が冷やされることでさらにしっかりと乾くのです。

事前に洗濯絵表示を確認しておくこと

ただ、注意したいのは乾かしたいものが、アイロンの高熱に耐えられるものかどうかです。乾かすためにアイロンを使うと、どうしても当てる時間も長くなります。そうなると、デリケートな素材だと繊維を傷めてしまう可能性があります。値段の高いものだと、ショックも大きいでしょう。

ですから、このアイロンをつかった急速乾燥を行う際には、衣類の洗濯絵表示を見て、アイロンを使ってよいのかどうか、使うとしたらどの程度の温度が適切かを確認しておきましょう。もし、アイロンの利用が難しいと言った場合には下記で紹介するドライヤーを使った乾燥方法もオススメです。

 

ドライヤーで急速乾燥

乾燥のスピードや効果を考えると、一番オススメなのは上記のアイロンです。ただ、上述したようにアイロンが使えない衣類というのはあります。さらにアイロンがOKの衣類であっても、乾かそうと思って使うと、ついつい当てすぎて高熱で衣類を傷めるといったこともあります。そういった時にオススメなのがドライヤーです。

ビニール袋を使うのが早く乾かすコツ

しかし、ただ単純にドライヤーの熱風をあてるだけではだめです。それでは、せっかくのドライヤーのパワーを無駄遣いしてしまっています。急速乾燥をさせたい時にドライヤーの相棒となるのが、ビニール袋です。衣類が入ってそれなりに隙間ができればどんなビニール袋でも構いません。1つ用意して、そこに衣類を入れましょう。

そうしたら、ビニールの中の衣類に向かってドライヤーの熱風をあてましょう。想像していただくとわかるかと思いますが、ビニールの中に向けて熱風を入れるわけですから、熱風は袋の中で荒れくるいます。そして衣類にも自然と熱風があたります。しかもさまざまな方向から。これは言ってしまえば、簡易的な乾燥機をつくっているのと同じことです。ポイントは衣類を入れすぎないことです。1つか2つ程度がよいでしょう。

また、アイロンの時と同じで熱によって衣類を傷めないことは考えなければいけません。同じところに熱風を当て続けない、ある程度乾いてきたらドライヤーの温度を下げると言ったことをするようにしましょう。せっかく乾いても、それで衣類を傷めてしまったら元も子もありません。気を付けましょう。

 

思いきって乾燥機を導入するのもアリ!

さて、以上2つ手作業での急速乾燥の方法を紹介しました。いずれの作業も決して難しい話ではありませんから、お手軽にいずれかを選択するのはよいかと思います。ただ、どちらも多少なりともめんどくさい、衣類を傷める危険性がある、また意外と電気代をくうといった問題もあります。アイロンとかドライヤーとかって意外と電気代が高いんです。で、自分で乾かしていると、どちらもついつい使いすぎてしまうんですよね。

選択肢はいろいろ

そうした方にオススメなのが乾燥機です。自宅でも使える乾燥機はここ数年非常に増えています。メーカーも日立やパナソニック、東芝、シャープ、ミーレ、AQUA、リンナイ、アイリスオーヤマなど多様なラインナップです。価格的にはピンきりですが安いものだと1万円前後、平均的には約4万円程度、高いものだと10万円を超えるものがあります。いろいろと比べてみると、きっとあなたにピッタリの乾燥機が見つかると思います。ぜひ一度電気屋さんでチェックしてみることをオススメします。

乾燥機はこれまで述べてきたような急いで乾かしたい時はもちろんですが、例えば梅雨の季節などには大活躍です。室内干しの人も外干しの人も、梅雨のように湿度が高い季節は洗濯、乾燥に頭を悩ませているはずです。乾燥機があれば、そんなことを心配する必要がなくなります。これは非常に大きなメリットじゃないかなと思います。

 

 

以上、洗濯物を急ぎで乾かしたい時の方法について、3つのアイデアを紹介いたしました。お読みいただきありがとうございました。

お役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ