Yシャツのアイロンのかけ方のコツ

お役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです!

アイロンがけをしているカップル

普段スーツを着て仕事をしている人にとって、シャツのアイロンがけをどうするかというのは大きな問題でしょう。奥さんがやってくれる~なんて人は本当にうらやましいですが、1人暮らしではそうもいかないのが残念です。

 

節約のために自宅でやるのも手だが…

クリーニング屋さんに持っていけば、早いし綺麗ですが、毎週数着も持っていくと、その金額も馬鹿にはなりません。1着200円と考えれば、毎週1,000円、1か月で4,000円、年間では約50,000円となります。決して安い金額とは言えません。

節約を考えれば、自宅でアイロンがけをしてしまうのが得策だとは言えるでしょう。週に5着と考えれば、数としては決して多くはありません。ただ、自宅でやるとすると、今度はいかに上手にやるかというのが課題になってきます。なかなかクリーニング屋さんと同じように綺麗に仕上げるというのはできるものではありません。

 

ワイシャツの上手なアイロンのかけ方

そこで、本記事では自宅でyシャツのアイロンをかけるときに、どうすれば綺麗にできるのか、役立つコツを3つ紹介したいと思います。節約志向のビジネスマンの参考になればうれしいです。

1. 平面をつくれば綺麗に素早く仕上がる

当たり前かもしれませんが、この意識はとても大切です。できる限りたくさんの面積をアイロン台に設置して、平面をつくってアイロンがけをすることで、美しく、そしてスピーディにアイロンがけをすることができるのです。

最近のシャツは、そのほとんどが立体裁断です。それゆえに、意識的に平面をつくらなければなかなか綺麗に仕上げることはできないのです。特に肩周りはやりづらいなと思っている人も少なくないでしょう。この部分については、一気にやることは難しいですが、小さな面積で平面をつくることを意識すれば、綺麗に仕上げることはできるのです。

実際のアイロンをかけるポイントとしては下記のような項目になります。横着をして一気に複数個所をやるのではなく、個々をしっかりと綺麗に仕上げることを意識しましょう。

  • ヨーク(背中の肩部分)
  • 肩から手首にかけての部分
  • 袖口・カフス部分
  • ボタン裏部分
  • 前身ごろ左右
  • 後ろ見ごろ(背中部分)
2. アイロンは軽く滑らせるように扱う

次のポイントはアイロンの使い方です。特に男性だと力を込めてぐいぐいとアイロンがけをする方が多いですが、本来アイロンがけに腕力はちっとも必要ありません。ポイントとしてはアイロンを持っていないほうの手で、きちんと生地を押さえることです。そうすることで、軽めの力でもしっかりとしわを伸ばすことができます。

また、シワが取れづらい部位については、入念にアイロンがけをすると、綺麗に仕上げることができます。その際、できる限りシワがとれたというタイミングで、最後にアイロンで1、2秒ほどプレスをするようにしましょう。数回それを繰り返せば、シワがなく、折り目がきっちりつくので、まるでクリーニングに出したかのような仕上がりを再現することができるはずです。

ただし、アイロンの温度には注意しましょう。高温にして何度もアイロンをしていると、生地によってはテカってしまったりと繊維を傷めてしまう可能性があります。ですから、基本的には中温くらいにして、シワがとれづらいところを高温にするか、もしくは当て布を使うとよいでしょう。ワイシャツは消耗品と捉えている人もいるかもしれませんが、長持ちするにこしたことはありません。気になる人はきちんと取扱い絵表示も見ておくとよいでしょう。

3. 生地を湿らせておくとシワがとれやすい

最後は少々めんどくさい方法ですが、実は多少湿っているほうがシワというのはとりやすいものなのです。むしろ、湿り気がなく乾燥している状態であると、ここから完全にシワをなくすというのは専門的な機械を使わない限りは非常に難しいとも言えます。

ですから、方法としてはまず霧吹き等を用意して、yシャツ全体に満遍なくかけてからアイロンをかけるというのが1つ。もしくは、洗濯機で洗って干した際に、ワイシャツだけ乾ききる前に取り込んでアイロンをかけるという方法でもいいでしょう。

これはどちらか、やりやすいと思えるほうを選んでください。また、もう1つ重要な点として、アイロンは高温の設定にしておくことです。こうすることで、アイロンがけがスムーズになり、しわを綺麗に消すことができます。

 

以上、yシャツのアイロンがけを上手にする3つのコツを紹介しました。これを活用すれば、おおよそ綺麗にできるはずだとは思います。

 

 

ただ、どうしても難しいとか、時間がかかりすぎてしまうのがいやだという場合には、やはりクリーニングを活用したほうがいいかもしれません。最近はやりの宅配クリーニングであれば、自宅で手軽に、しかも安い価格でクリーニングをすることができます。



リネットならなんとワイシャツ1点180円から可能です。ぜひ一度お試しになってみてください。

お読みいただきありがとうございました。

お役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ