ウールコートの手入れ方法

お役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです!

コートを着た美女2人組

「ウールコートの正しいお手入れ方法を紹介します」

ウールコートを持っている方の悩みに、保管方法ってあるんじゃないでしょうか?デザインも色もお気に入りのコートを見つけて、一冬楽しんで、翌年に再びクローゼットを開けてみたら、なんとなく古びて見える…そんなことってありませんでしたか?あるとしたら、それはコートの保管方法が悪かったからかもしれません。そこで本記事では、ウールコートはどうやって保管・お手入れするのが最適なのか、その方法を紹介します

 

コートの汚れを落とすのは簡単ではない

まず最初に意識しておきたいのは、ウールに限ったことではなく、コートというのはとりわけ丁寧に保管しないと、「わりとすぐに痛んでしまう」のだということです。

特にウールの場合は毛玉ができやすいということもあって、よりそんな風に見えやすいということもあります。また、虫食いというのもウールにとっては大問題です。羊の毛からできているということもあってか、ウールは非常に虫食いにあいやすい繊維の1つです。このように、ウールコートを綺麗なままでお手入れするのは簡単ではないと言えます

確実に綺麗に保管しておきたいならクリーニングも大切

とはいえ、せっかく高いお金を払って購入したコートですから、長く愛用したいですよね。そうした方には「クリーニング」の活用もおすすめします。1年に1回だけでもいいので、春になった頃にクリーニングに出すのを習慣づければ、それだけでコートを長持ちさせることができます。最近ではクリーニング屋さんでコートを保管してくれるところもありますので、それを活用するのもいいでしょう。

宅配クリーニングなら料金が安くてお得

クリーニングでおすすめしておきたいのは、宅配クリーニングです。なぜかというと、染み抜き無料・割引キャンペーンなどで、「料金が非常に安くなる」からです。安く綺麗にできますので、確実に汚れを綺麗にしたい場合は併せてご覧になってみてください。

初めての方は30%無料で利用できる「リネット」

え、宅配なのにこの価格?クリーニングの宅配のリネットなら、便利でお得!



※ちなみに、リネットはタレントの坂上忍さんが「潔癖刑事(でか)」というミニドラマや、CMキャラクターを演じていることでも有名なサービスです。

クオリティの高さに徹底的にこだわっている「リナビス」

高品質なのに送料無料!宅配クリーニングの【リナビス】


さて、それでは下記では、自宅でウールコートを長持ちさせる手入れのコツをお伝えしていきます

 

自宅のお手入れで長持ちさせるには

それではウールコートの手入れ方法をご紹介していきます。手順は大きく5ステップ。こうじゃなきゃいけないというわけではないですが、汚れをきっちり取るならまずはこの通りにやってみるのがオススメです。実際にやってみて感じるところもあるとは思いますので、もちろん、ご自身で徐々にカスタマイズするのもいいでしょう。

1. 陰干しで湿気を飛ばそう

まず、やるべきは陰干しです。というのも、季節にもよりますが、衣類、特にコートには繊維の奥に湿気がたまっていることが少なくありません。目には見えないものですから軽視してしまいがちですが、放っておくとコートを傷める原因になってしまいます。手入れ前に1時間くらいは陰干しして湿気を飛ばしましょう。

2. 必ずブラッシングを

それが終わったらブラッシングです。これは男女ともほとんどやっていない人が多いと思います。ブラッシングしても意味あるのかなとなんとなく思ってしまいますよね。でも、実はブラッシングするだけで半分以上の汚れが落ちるのです。特に繊維の奥に入り込んだ汚れを落とすにはブラッシングをするしかありません。

方法としてはまずは軽く叩く。これで奥に入り込んだ汚れやほこりを表面へと浮き立たせます。そうしたら、次は上から下までブラッシングをします。はじくようにシャッシャッと。力は入れすぎずに数回繰り返しましょう。それだけで、見た目、そして毛並みがずいぶんと綺麗になったのがわかると思います。

3. 汚れが強いところはベンジンで拭き取る

次はベンジンで汚れを擦り取ります。これはとりわけ汚れのひどいところだけでオーケーです。だいたいは襟や袖口、ポケット部分など、肌と摩擦が生じるところに汚れがこびりつくことが多いです。目視でこのあたりが汚れていないかをチェックしましょう。チェックの際は明るいところで見るのがよいでしょう。

4. タオルで水ぶき

作業もそろそろ最終工程に入ってきました。ここまできたら、最後に全体を整えます。ぬるま湯につけてしぼったタオルで(水はなるべくしっかりときりましょう)、コート全体を拭いていきます。先ほどのブラシと同じ要領で、生地によってはかなり優しくでいいので、シャッシャッっとすばやく拭いていきます。

5. もう一度、陰干しを

最後、もう一度陰干しをします。これで完成。あとはクローゼットにしまうだけですが、できれば市販の不織布を購入してコートにかぶせましょう。クリーニング屋さんなんかに出したらついてくるビニール袋みたいなやつです。これがあれば、しまっている間にほこりがつくことや、虫食いなども防ぎやすくなります。

以上、自宅での基本的なコートのお手入れ方法を紹介しました。

 

宅配クリーニングに頼むなら

しかしながら、自宅での手入れだけだとどうしても不安だという場合もあるでしょう。大事なものほど、高い価格で購入したものほどそうかもしれません。衣服をきちんと管理するというのは簡単ではありません。そうした時は、冒頭でも紹介しましたように、宅配クリーニングを活用するのがオススメです。

ちょっとした手違いで縮んでしまったり、色落ち・色移りしてしまったりと、自分でやるとそういったトラブルが起きる可能性も否めません。そう考えると、やっぱりプロの手にお願いしたいということはあるでしょう。

リネットなら保管もしてくれる

そこでオススメなのは、最近話題の宅配クリーニング、リネットです。2009年にサービス開始と、新しい宅配クリーニング業界においては、老舗に分類されてもいいような大手の宅配クリーニング会社です。




ここの一番のポイントは、クリーニングをしたコートを最大で8ヶ月も預かってくれる点です。コート自体のクリーニングも約1,500円ほどと決して高くはありません。それで、家のクローゼットもすっきり整理されるわけですからとてもお得ですよね。

割引キャンペーンも頻繁にやっていますので、宅配クリーニングには何となく興味があったけど未経験という方も、これを機にぜひご利用されてみてください。

 

 

以上、ウールコートの手入れ方法について紹介しました。

お読みいただきありがとうございました。

お役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ