醤油の染み抜きをする際の大事なポイント

お役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです!

醤油の工場の画像

本記事では「醤油をこぼしてできたシミの正しい落とし方」をご紹介します。

日本人の方であれば、多くの方が1日に1度くらいは醤油を使った料理を食べるのではないでしょうか。そうなると、どうしても醤油ジミがついてしまうことはあるでしょう。醤油のシミがついてしまった時にどうすればいいのか、本記事ではそのポイントをご紹介します。

 

確実に汚れを落とすならクリーニングが無難

ただし、もし醤油ジミのついた衣類が高級なもの・大切なものである場合には、個人的にはクリーニングの利用をおすすめします。自分で染み抜きをすると、どうしても「失敗する可能性」があるからです。

宅配クリーニングだとお得な価格で綺麗にできる

そこで参考までにおすすめしておきたいのが、宅配クリーニングです。宅配クリーニングですと染み抜きは無料・また割引などもあって、もちろん確実に綺麗にしてくれますので、大切なお洋服の染み抜きに際しては、そちらの利用も検討したほうがいいかもしれません。

初めての方は30%無料で利用できる「リネット」

え、宅配なのにこの価格?クリーニングの宅配のリネットなら、便利でお得!



※ちなみに、リネットはタレントの坂上忍さんが潔癖刑事(でか)というミニドラマや、CMキャラクターを演じていることでも有名なサービスです。

クオリティの高さに徹底的にこだわっている「リナビス」

高品質なのに送料無料!宅配クリーニングの【リナビス】


 

どちらも良いサービスです。ぜひ気に入ったほうに依頼してみてください。

しかし、やはり自分で染み抜きにトライしたいという方もいるかと思います。下記ではそうした方のために、自分でやる染み抜き方法を紹介します

 

醤油ジミの特徴

まず最初に醤油ジミの特徴についてご紹介します。醤油ジミは「水性」のシミです。詳細は下記記事にありますが、水性のシミというのはわりと落ちやすい汚れです。一見すると、黒くて、落ちづらそうな醤油の染みですが、実はそんなこともないのです。とはいえ、処置を間違えたり、遅くなってしまったら、そのぶんだけ落ちづらくなってしまうのも事実です。

下記では、具体的にどうやって綺麗にするのかをご紹介していきます。

ちなみにですが、こうしたシミの種類やシミ別の汚れの落とし方について下記記事が詳しいので、ぜひご参照ください。

 

応急処置として、まず最初にやるべきこと

さて、醤油ジミがついたら、まず最初にやるべきことは、「応急処置」としてできるだけ早く水をつけてもみ洗いをすることです

1. 早急な水洗いが大切

すぐに水洗いをすれば、付着した量にもよりますが、それだけで大方の汚れは落ちてしまうはずです。これは上述したように、水性のシミだからこその特徴です。水性のシミはたいていの場合、すぐに水洗いをすれば、ほぼ落とすことができるのです。ただし、一気にごしごしとこするようなことはやめて、丁寧に少しずつ水をかけて状況を確かめましょう。

2. 家に帰ったら洗濯をする

加えて、洗濯をできる素材なのであれば、これも同様にできる限り早く洗濯機で洗濯をしてしまいましょう。手洗いだけではなく、洗濯機の清浄力と洗剤によって、汚れをほぼ落としきることができるはずです。

3. 落ちづらいシミは丁寧に対処する

ただし、上記の手順ですと、まれに完全にシミを落としきることができない場合もあります。見ていただいてわかるように、わりとざっくりと処置をしてしまっているからです。そのような場合には下記のような方法をとる必要があります。

  1. 台所洗剤を使ってみる
  2. 漂白剤を使ってみる
  3. 重曹と熱湯を組み合わせて使ってみる

いずれも汚れを落とすという観点では効果的ですが、気を付けないと衣類の繊維を傷めてしまう可能性があります。仕様の際にはいずれかに絞って使うべきですし、最初は少量で使ったり、これらを使って色落ちしないかどうかを確かめる必要があります。

醤油ジミはお酢でよく落ちる

なお、上記の組み合わせは実はたいていの衣類で一緒です。じゃあ、醤油ジミに特に効くものは何かと言われると、見出しにある「お酢」が非常におすすめです。お酢をスプレーで塗布したり、水で薄めてつけたりするのです。

酸性によってシミが消える

お酢の酸性が醤油ジミを中和してくれるのです。匂いや色が気になる方もいるかもしれませんが、匂いはは自然と消えます。色については、後に残らないように、お酢がついている部分をきちんと水ですすぐようにしましょう。

重曹でつくる魔法水というアイテムが役立つ

また、もう1つオススメしておきたいのが、重曹(小さじ1杯)と下記2点を混ぜ合わせてつくる「魔法水」です。

  • 食器用中性洗剤(数滴)
  • 液体酸素系漂白剤(小さじ3杯)

テレビ番組で紹介された、汚れ落としの秘策

これは某テレビ番組で紹介されていたアイテムなのですが、番組内でなんと10日間も放置した醤油ジミをほぼ完ぺきに綺麗にしてしまったのです。ぜひ、醤油ジミを落とす際の参考にしてみてください。

 

 

自分で染み抜きをやらないほうが良い場合

以上、大まかですが、醤油のシミがついた時の対処法を紹介しました。おそらくは、ほとんどの場合、上記の手順でしょうゆのシミは綺麗になるはずです。ただ、それだけでは充分ではない場合ももちろんあります。そこで、以下では自分で染み抜きをやっても効果がなかったり、おそらく綺麗にするのは難しいだろうという状況について紹介していきます。

シミがついてから時間が経った場合、シミの範囲が広い場合

ざっくり言うと、シミがついて2、3日経ってしまったもの、それから醤油の場合だと、かなり広範囲に醤油が付着してしあった時などです。他にも、自身で染み抜きをやるのを避けたほうが良い場合もあります。例えば下記のような場合です

  • シミがついてから3日以上経過している
  • シミの範囲が3センチ四方以上に広がってしまっている
  • 高級ブランドの洋服
  • 繊細な繊維を使っている洋服
  • 特に大切な洋服

このような状況の場合には、焦る気持ちはわかりますが、ご自身で染み抜きをやるのは止めたほうがいいでしょう。

染み抜きに失敗すると被害が大きい

なぜ、上記のような場合に自分で染み抜きをやることを避けたほうがいいかというと、失敗をする可能性が高かったり、失敗してしまった場合のショックが大きいからです。

シミがついてから日数が過ぎてしまった場合ですと、通常の中性洗剤等では汚れが落ちにくいことが少なくありません。シミの範囲が広い場合には、範囲が広い分、どうしてもシミが残りやすくなります。失敗した場合にも目立ちますのでリスクも高いと言えます。

また、高級ブランドや繊細な繊維に関しては、そもそも染み抜きをしづらいものです。さらに失敗をすれば、金額によっては残念な気持ちになってしまうでしょう。大切な洋服の場合にもそれは同様です。

ですから、そうした場合には、宅配クリーニングサービスをご利用することをオススメします

 

 宅配クリーニングのリネットならなんと「染み抜き無料」

今回オススメする宅配クリーニングサービスは、リネットです。



こちらのサービスをオススメする理由は大きく3つあります。

  • 無料で染み抜きができて、専門のスタッフ(職人)が担当
  • 初めて利用する方は全品30OFFで利用可能
  • 宅配サービスだから、自宅で簡単注文、簡単手渡し・受け取り

ちょっといいところばかりを書きすぎてしまった気もしますが、本当に簡単に注文できて、しかも料金も安いお得なサービスです。特に初回の方であれば、いろいろと割引をされますので、お試しで利用するにはピッタリではないかと思います。

プロだからこその高クオリティが魅力

クオリティに関しても、専門の職人さんが担当してくれるだけあって安心です。もし仕上がりに満足できない場合にも、初回の方であれば、最仕上げも無料でやってもらえます。やはり自分で染み抜きをすると、どうしても失敗の可能性もあります。プロならそういった心配もなく、多少のお金で新品のように商品が返ってきます。良い洋服などの時には、やはりクリーニングを活用するのがオススメです。

クリーニングに出すときの注意点

ただし、クリーニング店だからといって何でもかんでもオーケーというわけではありません。お店によってできるできないもあるでしょうから、染み抜きができるかどうかについてなどは事前に確認しておく必要があります。また、クリーニングにかかる時間にもきをつけましょう。自分でやれば当然即日にでも染み抜きができますが、クリーニング店だとどんなに早くても1日、たいていは2日くらいかかってしまうはずです。ですから、どれくらいで仕上がるのかという点についても事前にしっかりと確認しておく必要があるでしょう。

そうは言いましたが、宅配クリーニングは本当に便利なので、ぜひぜひ、一度お試しになってみてください。リネットについてもっと詳しく知りたいという方は、上記のバナー画像より詳細説明ページをご覧いただけます。ぜひ、あわせてチェックしてみてください。

 

 

お読みいただき、ありがとうございました。以上が、醤油のシミ抜き方法です。当サイトでは他にも、シミごとに適切なシミ抜き方法をご紹介しています。ぜひ、下記にある記事もあわせてご覧になってみてください。

お役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです!

サブコンテンツ

このページの先頭へ