大変!血液が衣類についてしまった時の染み抜き方法

お役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです!

クリーニングに出そうかどうかを悩む美女

「血液のシミって落とせるの?」

血液のシミを落とすことは可能ですが、非常に落ちづらいので注意が必要です。本記事では、血が付いてしまったお洋服をきれいにする方法を紹介します。

 

自分で無理に落とそうとするのは危険

まず最初に気をつけておきたいのが、「血液の汚れは非常に落としづらい」ということです。理由は後半でも詳しく説明していますが、もし汚れてしまった洋服が大切なもの、高級なものの場合には、個人的にはクリーニングを利用するのがおすすめです。

確実に綺麗にするならクリーニングが無難

なぜなら、自分で染み抜きをやると、どうしても「失敗する可能性」があるからです。宅配クリーニングですと、染み抜き無料・割引キャンペーンなどで、安く綺麗にできますので、確実にシミを綺麗にしたい場合は併せてご覧になってみてください。個人的には下記2つのサービスがおすすめです。

初めての方は30%無料で利用できる「リネット」

え、宅配なのにこの価格?クリーニングの宅配のリネットなら、便利でお得!



※ちなみに、リネットはタレントの坂上忍さんが「潔癖刑事(でか)」というミニドラマや、CMキャラクターを演じていることでも有名なサービスです。

クオリティの高さに徹底的にこだわっている「リナビス」

高品質なのに送料無料!宅配クリーニングの【リナビス】


それでは、下記からは「自分で血液の染みを落とす方法」について紹介していきます

 

血液のシミがついてしまう場面

困った主婦

お子さまをお持ちの方によくあるのが、血液汚れの染みが衣服についてしまうことです。ヤンチャな子であれば、外で遊んだ際にどこかを擦りむいたり、切ったりということは珍しくありません。

大人でも、血液の染みがつくのはよくある話

また、大人であっても「鼻血など」で血がついてしまうことはあるでしょう。風邪をひいて鼻の粘膜が弱っているときなどは、もともと粘膜が弱い人ほど鼻血はよく出るものですし、そうでなくとも冬場に電車内での過度な暖房によってのぼせてしまったりといった声も聞かれます。

さらに女性の場合ですが、生理等のセンシティブな問題もあるでしょう。このように血液の染みって実はさまざまな場面であるもなのです。

いずれにせよ、血液の染みは見た目が目立つこともあり、「早急な対処が必要」です

 

できるだけ早く水洗いすることが大事

自宅で綺麗に洗濯

まず、血液の染みについては、できる限り早く「水洗いをする」ことが大切です。乾く前の血液は性質としてはほぼ水溶性なので、水でだけでほとんど落とせます。この時点で落としてしまうのが最も楽です。気をつけたいのはゴシゴシと洗いすぎないことです。強くこすりすぎると、繊維を傷めてしまうからです

完璧に落ちないときは中性洗剤の活用がオススメ

水だけで汚れが落ちないという場合には、「中性洗剤を活用」しましょう。中性洗剤を水で希釈して、それをシミ部分につけます。そしてそこを綿棒等で軽くたたいて、シミを吸い出します。加えて、少し揉んだ後に、先ほどと同様に水洗いをしてみます。

ある程度汚れが落ちたら洗濯機で洗う

そうしたら、あとはなるべく早く洗濯をするだけです。これでたいていの場合はシミは綺麗になってくれるはずです

石鹸で代用しても大丈夫

もし、すぐそばに「中性洗剤がないよという場合」は、手や体を洗うための石鹸を使っても構いません。石鹸はアルカリ性ですから、たんぱく質汚れの血液を分解して落としやすくしてくれるのです。

ただし、中性洗剤と石鹸は併用しないように気をつけてください

なるべくお湯を使わないのが吉

また、この際のポイントとして、「お湯を使わない」ことが挙げられます。汚れってなんとなくお湯のほうが落ちやすそうな気もしますが、血液の汚れの場合は話が別です。

お湯だと血液は固まって落としづらくなってしまう

血液はその特性上、お湯で洗ってしまうと、たんぱく質が固まって逆に落ちづらくなってしまうのです。

自宅での詳しい染み抜きの方法

ざっくりと自宅での染み抜き方法を紹介していきましたが、下記記事ではさらに詳しく必要な道具からステップまでを紹介をしています。ぜひ、チャレンジをしてみてください。

ただし、何日かそれ以上の間放置されて、「乾いて固まってしまった血液のシミ」については注意が必要です。こうなると、適切な対処方法についてじっくりと考えなければなりません。

 

付着から日数が経ってしまった場合の対処方法

疑問を感じている女性

血液が固まってしまうとカサブタのように固くなり、「水だけでは落ちにくく」なります。洗剤等の溶剤を使ったとしても充分に落とすことは簡単ではありません。これは、時間が経過したことで血液内のタンパク質が硬化したことによります。このような場合に無理をして取ろうとすると、繊維によっては痛めてしまう可能性が非常に高くなります。

固まってしまった血液の染みはクリーニングに依頼するのが無難

よって、血液の染みが固まった場合、また下記のような場合にはクリーニング店に依頼することをおすすめします。

  • 衣類が高級ブランドなどで値段が高い
  • 風合いのある繊細な素材(シルクやベルベット・麻など)で洗濯機でのが難しい
  • 思い出のある大切なお洋服
  • 血液ジミがついてから3日以上経ってしまっている場合
  • 染み抜きのような細かい作業にあまり自信がない

もちろん、自分で染み抜きをやることにも価値はありますが、上記のような場合には無理をせず、クリーニング店に頼むことをオススメします

オススメなのは宅配クリーニング

特にオススメなのが冒頭でも紹介した宅配クリーニングです。オススメの理由はの1つが、宅配クリーニングにはシミ抜きが無料というところが少なくないからです。

豊富な割引キャンペーンも嬉しい

さらに、宅配クリーニングはまだ黎明期とあってか、初めて利用する人には特典があるサービスも少なくありません。例えば上述したリネットでは、初めての利用者に下記のような特典がつきます。

  • クリーニング全品30%オフ
  • 往復送料が無料
  • 最仕上げが無料

ご覧のようにかなりお得な内容になっています。

衣替えの季節には、衣類の長期保管サービスもありがたい

さらにリネットさんでは衣類の保管サービスも行っています。クリーニングした商品を最大で8ヶ月間リネットさんで保管してくれるそうです。自宅のクローゼットが満杯で困っているという人や、衣替えの季節には自宅の衣類を一新したいなど考えているひとには、非常に役立つサービスです。

詳細については、下記より公式サイトをご覧ください

初めての方は30%無料で利用できる「リネット」

え、宅配なのにこの価格?クリーニングの宅配のリネットなら、便利でお得!


クオリティの高さに徹底的にこだわっている「リナビス」

高品質なのに送料無料!宅配クリーニングの【リナビス】


お読みいただき、ありがとうございました。当サイトでは上記のように染み抜きの方法やヒントについてご紹介をしています。今回は血液ジミにフォーカスを当てた内容でしたが、それ以外のシミ別の対処法などもご紹介しています。

下記の関連記事もあわせてご覧になってみてください。

お役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです!

サブコンテンツ

このページの先頭へ