ボールペンの染み抜きを綺麗にするためのコツ

お役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです!

掃除をする美しい女性

「ボールペンのシミの正しい落とし方」

ボールペンの染みがついてしまうことって多いと思います。気をつけていても、ついついズボンやシャツなど、誤ってボールペンをつけてしまうものです。本記事ではそうしたときにどうやったらボールペンのシミを綺麗に落とせるのか、その方法を紹介します。

 

ティッシュや水で焦って落とそうとするのは危険

まず最初に注意しておきたいのは、そんな時に、焦ってティッシュで拭こうとしたり、とりあえずトイレに向かって水で洗おうとするのは待ってください。失敗をして汚れが広がる」危険性があるからです。また、色落ちをしてしまう危険性もあります。ですから、ポールペンの染みがついてしまった時には、焦らずにシミ抜きをやることが大切です。

確実に綺麗にするならクリーニングが無難

ただ、絶対に綺麗にしたい!と言う場合には、やはりクリーニングがおすすめです。お金はかかりますが、プロなら失敗せずにきちんと綺麗にしてくれるからです。大切なお洋服ほどプロに任せるのがオススメです。

特に宅配クリーニングですと、染み抜き無料・割引キャンペーンなどで「安く綺麗にできる」のでオススメです。下記で個人的にいいなと思うサービスを紹介しますので、ぜひ見比べてみてください。

初めての方は30%無料で利用できる「リネット」

え、宅配なのにこの価格?クリーニングの宅配のリネットなら、便利でお得!



※ちなみに、リネットはタレントの坂上忍さんが「潔癖刑事(でか)」というミニドラマや、CMキャラクターを演じていることでも有名なサービスです。

クオリティの高さに徹底的にこだわっている「リナビス」

高品質なのに送料無料!宅配クリーニングの【リナビス】


下記からは「自分でボールペンの染みを落とす方法」について紹介していきます

 

ボールペンのインクの染みの種類

疑問を感じている女性

一口にボールペンといっても、そこに使われている「インクの種類」というのもさまざまです。ここではその点について簡単に紹介します。大別すると、ボールペンの染みの種類は大きく下記の3つです

  1. 油性インク
  2. 水性インク
  3. ゲルインク

下記ではそれぞれについてざっくりと紹介をしていきます。

1. 油性インク

油性インクは文字通り油が使われているインクですから、水をはじく、つまりは耐水性があるインクです。昔は粘り気があって書き辛かったものから、最近はなめらかに書けるものが増えてきているという特徴があります。たとえば下記のようなものがあります。

  • 三菱鉛筆・ジェットストリーム
  • PILOT・Dr.グリップ
  • PILOT・アクロボール
  • ぺんてる・ビクーニャ
  • ZEBRA・スラリ
  • ZEBRA・ジムノック
  • プラチナ・オ・レーヌ
  • トンボ・リポータースマート
  • セーラー・G-FREE
油性インクはエタノールで落ちやすい

基本的な染み抜き方法はページ下部で紹介していますが、油性の場合にはエタノールを使うと汚れが落ちやすくなります。その点を覚えておいてください。なお、エタノールは引火性が高いので、くれぐれも取り扱いには注意をしてください。

2. 水性インク

次に水性ボールペンですが、これは水のようなさらっとしたインクが特徴的です。油性のように力を入れずとも、スラスラと書きやすいというメリットがあります。代表的なブランドは下記になります。

  • 三菱鉛筆・ユニボールシグノ
  • 三菱鉛筆・ユニボールアイ
  • PILOT・マルチボール
  • ぺんてる・マイクロボール
水性インクの場合はアルカリ性の洗剤がいい

水性の場合はアルカリ性の洗剤だと汚れが落ちやすいです。ちなみにですが、粉末洗剤はたいていは弱アルカリ性で、液体だとアリエールやボールド、アタックなどが当てはまります。参考までにこれも覚えておくと便利です。

3. ゲルインク

最後ゲルインクについてですが、ボールペンの中のボールが回転することで、インクが水のようになるので、滑らかに書けながら、くっきりとしたにじみのない文字を書くことができます。水性と油性のいいとこどりをしたボールペンだと言えるでしょう。

  • 三菱鉛筆・ユニボールビジョンエリート
  • 三菱鉛筆・スタイルフィット
  • PILOT・ハイテックC
  • ハイブリッド

以上のように、ボールペンのインクは実はさまざまな種類があるのです。

基本的には「インクの種類は気にせず染み抜きはできます」が、汚れの落ち具合がイマイチな場合にはインクごとの対策が必要な場合もあります

 

染み抜きの事前準備

では、さっそく染み抜きをと言いたいところですが、その前に準備をするものがあります。これもシミの種類によって異なるものですが、ボールペーンの場合にはおおよそ下記のようなものが必要です。

  1. 染みを落とすためのクレンジングオイル(もしくは消毒用エタノールなど)
  2. 染み抜きの際に衣類や周りのカーペット等を汚さないためのキッチンペーパーや不要なタオル等
  3. 汚れを落としたり、吸い取るための歯ブラシや綿棒
  4. クレンジングオイルや台所用洗剤を溶かすための容器

上記のようなものはまず必要になります。もし、今後ご自宅で染み抜きをやろうかなと思っているようであれば、「自分用の専用セット」として用意しておくといいかもしれません。

事前準備が手間、急いで綺麗にしたい場合にはクリーニングがおすすめ

なお、上記のように染み抜きセットを準備するのが面倒くさいですとか、派手にボールペン汚れが付いたので急いで綺麗にしたいという場合には、冒頭で紹介したように「宅配クリーニング」を利用するのがオススメです。非常に安く綺麗にできますので、ぜひお試しになってみてください。

初めての方は30%無料で利用できる「リネット」

え、宅配なのにこの価格?クリーニングの宅配のリネットなら、便利でお得!


クオリティの高さに徹底的にこだわっている「リナビス」

高品質なのに送料無料!宅配クリーニングの【リナビス】


汚れを落とす際の流れについて

シミの種類を理解して、必要な道具をそろえたら、いよいよ「染みを綺麗にする段階」です

染み抜きの基本の5ステップ

おおよそ、下記の「5つの流れ」になります。そして、それを丁寧に何回か繰り返しましょう。焦って、他の部位に汚れを移してしまったら大変です。多少時間はかかっても、丁寧に作業をすることをおすすめします。

  1. クレンジングオイルを水でわったものをつくる
  2. それに綿棒や歯ブラシをつける
  3. シミのある場所にたいして、他の部位につかないように、綿棒等で軽く叩いたり、押し付けたりする
  4. 手で持って繊維を痛めないように軽くもみ洗いをする
  5. どの程度汚れが落ちたかを確認する

ちなみにですが、クレンジングオイル以外にも除光液、医療用ベンジン、また上述したインクごとにエタノールやアルカリ性洗剤を使い分けることもできます。ただ、基本的にはクレンジングオイルでも問題ありませんのでご安心ください。

何度も繰り返すことで着実に汚れが落ちる

この手順を丁寧に繰り返しましょう。ある程度汚れが落ちてきて、もうこれ以上やると繊維が傷つきそうだなとか、これ以上は変わらなそうだなとか思ったら、そこで染み抜きは中断しましょう。

洗濯機で洗えば大抵の染みは落ちる

そして、「洗濯機で洗えるもの」であれば、洗濯機に入れます。それが難しいものであれば、もう一度丁寧に流水でもみ洗いをして、洗剤等を落とし切ります。そして、陰干しをしましょう。

以上が、大まかなボールペンの染み抜きの手順になります。基本的な染み抜きの手順については、下記記事でさらに詳しくご紹介しています。ぜひ、あわせてご参照ください。

・染み抜きを実施する際の基本工程

 

それでも、汚れが落ちない場合には

クリーニング屋さん

上記手順をやっても汚れが落ちきらないという場合もあると思います。また、高級なブランドなのでやっぱり自分でやるのは気が引けるという人もいるでしょうし、そもそも上記のような手順に時間をかけるのはめんどくさいという方もいるかもしれません。

確実に綺麗にするなら、やっぱりクリーニングが無難

そうした際には、結論としては「プロの手」を借りるのが一番です。プロと言っても、通常のクリーニング屋であれば、1000円もかからず染み抜きをやってくれますし、大変な素材であっても1万円を超えるということはなかなかないでしょう。それであれば、万が一失敗をしたり、汚れが残ったままになったり、労力ばかりがかかってしまうよりは、最初からプロに任せるというのも手段としては有効な場合もあるでしょう。

宅配クリーニングなら簡単、安い、美しい

そこでオススメなのは宅配クリーニングです。宅配クリーニングはその名の通り、店舗に行かずとも、自宅までクリーニング品を取りに来てくれて、出来上がったものも届けてもらえるサービスです。要は自宅にいるままで、簡単にクリーニングを依頼できるのです。

上述したリネット、リナビス共に非常にオススメですので、ぜひ一度お試しになってみてください

 

染みの種類の話

ちなみにですが、染み抜きに際しては、「染みの種類」を把握することが大切です。なぜなら、シミの種類によって、シミ抜きの方法が変わってくるからです。

ボールペンの染みは油溶性の染み

上述したように、ボールペンの場合は大別すれば「油溶性の染み」になります。つまり、水などでは落ちにくいのですが、オイルを使うことで落としやすいということです。この染みの種類と、それぞれの対応策を間違えると、失敗しやすくなってしまいます。こうした点は下記記事にてご紹介をしていますので、ぜひご覧ください。

・染みの種類とそれぞれの対策について

また、下記のようにさまざまな汚れに対して、記事ごとに解説をしています。こちらもぜひ併せてご覧になってみてください。

 

 

お読みいただき、ありがとうございました。

当サイトでは、こうした宅配クリーニングに関する情報や、染み抜きの秘訣などについてご紹介をしています。ぜひ、下記の関連記事もご参照ください。

お役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです!

サブコンテンツ

このページの先頭へ