赤ワインの染み抜き方法

お役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです!

ワイン画像

「本記事では正しい赤ワインのシミ抜き方法をご紹介します。」

赤ワインは色が濃いので、「シミが落ちなくなる危険性がある」ので焦りは禁物です。特に、急いで石鹸や水で落とそうとすると、汚れが落ちづらくなるのでやめたほうがいいです。

 

確実に汚れを綺麗にしたい場合は、クリーニングに出すべき

綺麗なワイシャツ

自分で染み抜きをする方法」は後半で紹介していますが、汚れた衣類が高価なものなら、私は「クリーニングに出すべき」だと考えています

ワインの染み抜きは簡単ではない

理由は上述のように、ワインの染み抜きは難しいので「染みが落ちない」危険性があるからです。失敗したくない場合には「プロに任せる」のがまず間違いありません。

宅配クリーニングなら染み抜きは無料でやってもらえる

気になるのは「クリーニングだと料金が高い」点です。しかし、最近よく聞く宅配クリーニングなら、「染み抜きは無料」で可能です。安い価格でプロのクリーニングをお試しできるのです

クリーニング費用で洋服が長持ちするなら安いもの?

何万円もしたお洋服が、「1,000円以下で新品同様」になるなら、それは非常にお得なのではないでしょうか?ぜひ一度、宅配クリーニングを試してみることをオススメします。

お得な宅配クリーニングサービス

個人的に良かったサービスは「下記2つ」です。どちらも人気があり、サービスも価格も優れています。お申し込みも「5分ですぐ」可能です。ぜひ実際に見比べて、良さそうなほうを選んでみてください

初めての方は30%無料で利用できる「リネット」

え、宅配なのにこの価格?クリーニングの宅配のリネットなら、便利でお得!


徹底的にクオリティにこだわっている「リナビス」

高品質なのに送料無料!宅配クリーニングの【リナビス】


さて、そうはいってもやっぱり、自分で染み抜きをしたいという方もいるでしょう。下記では「自分で染みを落とす方法」について紹介していきます

 

赤ワインのシミを綺麗に落とす方法

クリーニング屋さん

まず考えておかなければならないのが、上述のように、「ワインのシミ抜きは簡単ではない」ということです。

時間が経てば経つほど落ちづらくなってしまう

アルコール類の中でも、赤ワインのシミは特に色素が強く、色が落ちづらいのが特徴です。もともとは水性の染みで落ちやすいのですが、ある程度の時間がたってしまうと、酸化して漂白処理が必要になる(漂白のシミへと変質する)場合があります。

漂泊の染みなど、シミの種類についての説明は、下記記事をご覧ください。

汚れ別染み抜き方法

赤ワインの染みは1日、2日以内の対処がおすすめ

漂泊の染みになると、さらに落としづらくなってしまいます。赤ワインの染みは、できる限り早く染み抜きをしましょう。なお、染み抜きをする際の道具や手順は、下記記事で紹介していますので併せてどうぞ。

染み抜きの基本

染み抜きを自分でやるには道具を準備する必要がある

このように、自宅での染み抜きには「事前にいくつかのことを準備」しておく必要があります。最初は大変ですが、染み抜きに慣れてくると、料金が安く、かつスピーディにできることも少なくありません。下記では自宅での染み抜き方法の流れを紹介します。

 

自宅における染み抜きの手順

自宅で綺麗に洗濯

それでは赤ワインの染み抜きを自宅でやる時の方法を紹介していきます。

1. 素早く水洗いをする

まず、シミがついた部分を水につけて、手でよくもみ洗いします。自宅ではもちろん、レストランなどでも、赤ワインが洋服についたことがわかったら、すぐに席をたって「水洗い」するようにしましょう。

2. 台所用洗剤をつける


自宅にいれば、その場ですぐに。外出中であれば、再度軽く水でもみ洗いをしてから、台所用洗剤を使いましょう。歯ブラシに台所用洗剤をつけ、シミの部分を軽く叩いてなじませます。ここは「基本手順」を踏襲していただいて大丈夫です

3. 汚れが落ちない場合には、漂白処理を行う


上記の流れでシミが目に見えて落ちたようであれば、そのまますすぎ洗いをして、可能であれば洗濯をすれば染み抜きは完了です。

もし、上記の流れで取れない(シミができてから時間がたっている、シミ汚れが強い)場合については、漂白処理を行うようにします。液体酵素系漂白剤を歯ブラシに少量つけて、シミの部分を軽く叩きながら、優しくなじませます。仕上げに水でよくすすぎ、シミが落ちたら洗濯をします。

ただ、生地によっては漂白剤が使えないものもありますので、衣類の絵表示(右記記事を参照:洗濯表示について)を確認してから、漂白処理を行うようにしましょう。

4. 洗濯機で洗う

洗濯機で洗ってよい素材」であれば、その日のうちに洗ってしまうようにしましょう。ここまでの流れで、ほぼ確実に「ワインのシミは8割は落ちる」はずです

染み抜きの基本的な流れについて

なお、当サイトではさまざまなの染み抜きの基本となる手順(染み抜きの基本手順)をご紹介しています。染み抜きってなんだろうという方は、まずこちらの記事をご覧いただくことをおすすめします。

ワインの場合には、特にすすぎ洗いをしっかりするのが大切

ただ、ワインについて最初の「応急処置部分だけ異なったやり方」をとります。もともとは水性のシミですから、早い段階でしっかりとすすぎ洗いをすることを重視しているのです。ワインの染み抜きの際にはその点に気をつけてください。

 

問題なのは、衣類が高級だったり、洗濯できない素材の場合

困った主婦

しかしながら、問題なのは、何万円もする高級な商品だったり、ニットやモヘアなど洗濯に弱い素材の場合です。このような場合には、冒頭でも書きましたが自宅での染み抜きは簡単ではありません。もちろん自宅で染み抜きをしてもいいですが、それでは「時間も手間もかかるし、失敗の可能性もあります」。

宅配クリーニングなら、低価格で確実に綺麗にできる

やはりそのような場合には、冒頭で紹介した「宅配クリーニングを利用する」のがおすすめです。紹介した2サイトはいずれもとても良いサイトですから、ぜひ一度ご覧になってみてください。

初めての方は30%無料で利用できる「リネット」

え、宅配なのにこの価格?クリーニングの宅配のリネットなら、便利でお得!


徹底的にクオリティにこだわっている「リナビス」

高品質なのに送料無料!宅配クリーニングの【リナビス】



また、下記のページでおすすめの宅配クリーニングをいくつかご紹介していますので、ご自身の希望や好みにあわせてサービスをお選びになってみてください。

おすすめの宅配クリーニング店

※専用商品の携帯もオススメ

ちなみにですが、最近だと染み抜きを簡単に行える商品も販売されています。携帯用の小さなボトルで、シミにかけてからこすると、簡単にシミが落ちるという便利な商品です。「トップシミ取りレスキュー」など、いくつか商品がありますので、ぜひご覧になってみてください。

※参考情報、重曹、炭酸の組み合わせ

また、漂白剤の使用については、ためらう方もいるかもしれません。そうした方には「重曹を利用する」のがオススメです。重曹は汚れ落としや消臭などお掃除関連で万能に活躍するアイテムですが、染み抜きでも充分に漂白剤の代わりになるパワーを秘めています。

重曹をシミ部分につけて、熱湯をかけて、優しく叩くこするだけで、シミはずいぶんと落ちていくはずです。ぜひ、漂白剤の代わりにこちらの方法もお試しください。※漂白剤と重曹の併用はしないでください、また掃除の際はきちんと換気をするのがオススメです

 

 

以上、お読みいただき、ありがとうございました。

当サイトでは他にも洗濯時のコツや、汚れ別のシミ抜き方法など、染み抜き全般について幅広く情報を扱っています。ぜひ、下記の関連記事もあわせてご覧になってみてください。

お役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです!

サブコンテンツ

このページの先頭へ