コーヒーの染み抜き方法

お役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです!

コーヒー

本記事では「コーヒーをこぼしてできたシミの正しい落とし方」をご紹介します。

コーヒーはシミが薄くなるのは早いのですが、色素が強いため、綺麗に落ちきるまでには時間がかかります

さらに、時間が経つと「色素のシミ」へと変質してしまい、「染みを落とすのがかなり難しくなる」危険性があります。それだけに慎重に対象する必要があります。

下記では、どうやったらコーヒーの染みを綺麗に落とせるかを紹介します

 

コーヒーの汚れは急ぎの対応が必要

上記のように、コーヒーの染みは実は落とすのがなかなか難しい染みです。それだけに、もし汚れてしまった洋服が大切なもの、高級なものの場合には、個人的には「クリーニングを利用する」のがおすすめです。下記ではその理由について紹介していきます。

自分で染み抜きをする方法」については記事の後半で紹介します

確実に綺麗にするならクリーニングが無難

なぜ、クリーニングへ依頼をするかと言いますと、自分で染み抜きをやると、どうしても「失敗する可能性」があるからです。そこでおすすめしておきたいのが、最近わりと流行っている宅配クリーニングというサービスです。

宅配クリーニングならかなり安い料金で洗えてお得

オススメの理由は料金の安さです。宅配クリーニングですと、「染み抜き無料や割引キャンペーン」などで、安く綺麗にできます。ですから、確実にシミを綺麗にしたい場合は、ぜひプロの手に任せることをおすすめします。

個人的に「まず間違いない」と言えるサービスは下記の2つです。どちらも良いサービスですから、ぜひ見比べてみてください。

初めての方は30%無料で利用できる「リネット」

え、宅配なのにこの価格?クリーニングの宅配のリネットなら、便利でお得!



※ちなみに、リネットはタレントの坂上忍さんが「潔癖刑事(でか)」というミニドラマや、CMキャラクターを演じていることでも有名なサービスです。

クオリティの高さに徹底的にこだわっている「リナビス」

高品質なのに送料無料!宅配クリーニングの【リナビス】


 

それでは、下記からは自分での染み抜き方法について紹介していきます

 

最初にやるべきこと

では、まず最初に何をすべきなのでしょうか。ざっくり言うと、下記3つの点をまず行いましょう。これをすぐにやっておくことで、家に帰ってからさらに染み抜きをする場合でも、クリーニングに出す場合でも、綺麗になる確率が大きくあがります。

1. 濡れたティッシュでコーヒーをなるべく吸い取る

シミをできるだけ移しとってしまいましょう。そうすることで、汚れの総量を減らすことができ、あとの染み抜きを楽にすることができます。もし、ご自宅にいる場合には、いらない歯ブラシなどを使ってシミを叩くと、さらに効率的にシミを落とすことができます。この辺りの手順については下記の記事に詳しいのでご覧ください。

染み抜きの基本手順

また、シミの種類など、基本的な知識については下記記事をご参照ください。

汚れ別染み抜き方法

上記の記事をご覧いただければ大まかな流れはわかると思いますが、特にコーヒーの染みの場合には下記の手順についても参照をしてみてください。

2. 水をつけて手でもみ洗いしてしまう

もし、コーヒーがついてしまった洋服がワイシャツのような消耗品的な位置づけであったり、安物だよという場合には、水で手洗いするくらいの豪快さで洗ってしまってもよいでしょう。とはいえ、すぐに着替えられない状況であれば、なるべく水がつく範囲は狭くする必要があるでしょう。

実際、これだけでも汚れはだいぶ落ちます。あとは、帰宅後に洗濯機に入れていおいて、できればその日、遅くとも翌日には洗剤を入れて洗ってしまいましょう。そうすれば、大部分の汚れを落とすことができるはずです。

3. クリーニングに出す

意外とオススメなのが、早々にクリーニングに出してしまうということです。上記の「染み抜きの基本手順」という記事でも紹介していますが、自宅で染み抜きができる環境を整えようと思うと、けっこう時間とお金がかかります。それから染み抜き道具を置くための場所も必要になります。

それでもやっぱり自分でやりたいという方ならそこまでの力を入れてもいいですが、コーヒーのシミなんてそんなに頻繁につけないよという方には、やっぱりプロの手を借りてしまうのがオススメです。そのほうが確実に綺麗になりますし、案外料金的にも安く済むものです。

特にオススメしたいのが、下記で紹介している宅配クリーニング。なんと染み抜きを無料でしてくれるというのです。

 

 

無料で染み抜きできる宅配クリーニングがオススメ

そうした時に、最初にすすめたいのは実は「宅配クリーニング」です。一番の理由は見出しにもあるように、「無料」だからです。通常の店舗のクリーニングとの差別化のためか、宅配クリーニングサービスでは染み抜きが無料というところが少なくありません。もちろん、それでもクリーニング代は必要ですが、たとえばワイシャツについた染みであればおよそ200円程度でクリーニングをすることができます。これは非常にお得だと言えるでしょう。

宅配クリーニングは割引キャンペンが多くてお得!

さらに、もう1点価格の話ですが、下記でご紹介するリネットという宅配クリーニングサービスでは、初めて利用する方限定でクリーニング「全品30%オフ」、往復送料無料という特典があるのです。宅配クリーニングが未経験の方に体験して欲しいという狙いがあるのだと思いますが、これであれば染み抜きだけではなく、何点かクリーニングに出しても充分に安く出来るはずです。この点も宅配クリーニングをオススメするポイントの1つです。

専門の職人さんがクリーニングをするので美しい仕上がり!

また、もちろんですが、クオリティの面でも安心です。リネットの場合には染み抜きは専門のスタッフが担当をしてくれますから、慣れない方が自分で染み抜きをやってしまうよりは、確実に綺麗にすることができます。それでいて安いというのですから、本記事では最初に宅配クリーニングをオススメさせていただきました。もし、まだご利用したことがないという方は、これを機にぜひご利用してみてはいかがでしょうか?下記のバナー画像より、さらに詳しい初回特典などをご覧いただけますので、ぜひどうぞ。



特に、コップの中身をこぼしてしまった場合などに、広範囲にわたってシミがついてしまっているような場合にも、細かく染み抜きをするのは大変です。こうした時にも、やはり、大切な衣類の場合にはプロの手に任せたほうが良い場合も少なくありません。リネット以外にもサービスはありますので、オススメのクリーニングサービスは下記記事をご覧ください。

おすすめの宅配クリーニング店

やっぱり染み抜きを自分でやりたいという方のために

とはいえ、自分で染み抜きをやってみるというのがダメというわけではありません。多少の慣れは必要ですが、簡単な染みであればご自宅でもスピーディに、そして綺麗に落とすことはできるようになるものです。

冒頭で自分での染み抜きの方法を紹介しましたが、それよりもさらに本格的に染み抜きを実践したいという場合には、下記の項目をご覧ください。これらを実践すれば、ほとんどのシミを落とすことができるはずです。

 

基本手順に加えてやるべきこと

コーヒーは水性のシミですから、まずは迅速に基本手順に沿って染み抜きを実施するのが大切です。それでも落ちていないようであれば、下記の手順を実践してみてください

1. 重曹入り漂白剤をぬる

小皿に液体酵素系漂白剤と重曹を2体1の割合で混ぜておきます。これを歯ブラシに少しだけ、シミの部分を軽く叩きながら、なじませていきます。この時も基本手順と同様に周りから中心に向けて叩くようにします。

重曹を持っていないよという方は、下記ページのページ下部でオススメの重曹をご紹介していますのでご覧ください。

染み抜きの基本

2. ドライヤーで加熱する

ある程度なじませることができたら、漂白剤をぬった部分にドライヤーを1~2分あてて、加熱します。

3. クエン酸液をかける

クエン酸をスプーン1杯分を水に溶かし、シミにかけます。

4. すすぎ洗いをする

クエン酸から白い泡が出たら水でたら、まずは水をかけながら手もみでしっかりとすすぎます。できるだけ早く、衣類にあった方法で洗濯します。

5. 洗濯をする

洗濯可能な衣類であれば、最後に洗濯機で洗うようにしましょう。手では洗いきれなかった汚れもきちんと落としてくれます。

 

 

 

以上が、コーヒーのシミ抜き方法です。当サイトでは他にも、シミごとに適切なシミ抜き方法をご紹介しています。ぜひ、下記にある記事もあわせてご覧になってみてください。お読みいただき、ありがとうございました。

 

お役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです!

サブコンテンツ

このページの先頭へ