染み抜きの基本手順

お役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです!

染み抜きの基本作業手順

染み抜きの基本的な手順をご紹介します。

汚れや生地によって細かいところは異なりますが、この基本手順がわかれば、半分以上の汚れに対処することができるはずです。応用することは難しくありませんので、最初に頭に入れておくことをおすすめします。

また、下記もシミ抜きの際に知っておいたほうがよい基本的な知識です。ぜひ、あわせてご参照ください。

 

作業前の準備

さっそくシミを落とす前に、きちんと事前準備をしましょう。料理の下ごしらえと一緒で、この工程を丁寧にきちんとやることが、綺麗な染み抜きの大事なポイントになります。

1. 洗剤などの道具を用意

白い服は何を飛ばしてもシミになってしまうので、1回着たら汚れると思って着ることです。洋服についた醤油のシミは、お皿についた油汚れもよく落とせる台所用の中性洗剤を使うとキレイに落ちます。

道具については家にあるものを使ってもよいですが、一からそろえておけば作業に集中することができます。必要な道具は、下記記事のページ下部で紹介していますのでご覧になってみてください。

染み抜きの基本

 

2. 手でとれるホコリや固形物を取り除く

ホコリや固形物をそのままにしておくと、染み抜きの過程で誤って衣服を汚してしまう可能性があります。ですから、最初にそういったリスクを排除するため「指で摘み落とす」ことが大事なのです。ただし、シミがついてすぐの際に指でつまもうとする時、お店のおしぼりを使うことはおすすめしません。漂白処理されていることがあるので、繊維を傷めてしまう可能性があるからです。

3. 薬剤の選定

ここでのポイントは2つあります。

  • 衣料の品質表示を確認すること
  • シミの構造を把握すること

まず、衣類の品質表示を確認します。どのような衣類(繊維)で、どのような処理ができそうかを理解するのです。ものによっては家庭での染み抜きが難しいものもありますので、その時は専門家に依頼するべきです。無理に家庭でやろうとすると繊維を傷めてしまいます。

また、シミの原因が何かを把握することも大切です。水溶性、油溶性、不溶性のどのシミかによって落とし方が変わってくるからです。

以上2点をきちんと把握した上で、シミにあった薬剤を選びましょう。

4. テストをして、家庭での染み抜きが可能かを確かめる

染み抜きを行なう前に、テストをする必要があります。衣料の下に白い布を敷き、使用する薬剤を衣料の目立たない部分につけてたたいて、白い布に色が移らないかを確認しましょう。もし、色落ちやシミができた場合は家庭ではシミ抜きできません。専門店に依頼しましょう。→色落ちやシミができなかった場合は下記の手順にしたがって、染み抜きをしましょう。

 

染み抜き作業手順

シミ抜きは大きく6つの作業工程からなっています。

1. シミの下にタオルを敷き、下に移ったシミが他に移らないようにします。

+乾いたタオルを2~4つに折って敷いた上に、シミのついた側がタオルに接するように衣類を置く。

2. 適量の台所用中性洗剤を小皿に注ぎ、歯ブラシにつけておきます

中性洗剤はつけすぎないようにして、足りないと思ったら足していくような使い方にしましょう。

3. シミ部分を水で軽く濡らし、台所洗剤をつけてほぐします

シミ部分を水で軽く濡らし、台所洗剤をつけてほぐします

4. 力を入れ過ぎず、やさしくシミをたたくようにします。

この際、ポイントは2つあります。

  • 周辺から中心に向かってたたく(これによってシミの部分がさらに広がるのを防ぎます)
  • 下に敷いてあるタオルにシミを移すようにする

たたき出したシミが下に敷いたタオルに移ります。シミが落ちてきたら、タオルの位置を変えて、シミの色がタオルにつかなくなるまでたたくようにします。

これで落ちないようであれば、いったん水ですすぎ、再度歯ブラシに中性洗剤をつけてたたきます。まわりが輪ジミにならないように境目をぼかしながら、これを何度か繰り返します。

5. シミが薄くなったら、約40℃のぬるま湯でもみ洗い

この時のポイントは丁寧にすすぎ洗いをすることです。すすぎが充分でないと、残った汚れが付着して新たにシミになってしまうからです。もし、この時点でシミが完全に落ちているようであれば、いったん染み抜きを完了とします。タオルで水分を吸いとり、自然乾燥させるようにします。濡れたままの洋服を放置すると、輪染みの原因になりやすく、シワもついてしまいますので注意が必要です。

6. 最後は洗濯機の中に入れて通常通りに洗えば、付着して1日経った醤油もキレイに落ちます。

上記の流れで十分にシミがとれていなかった場合、洗濯が可能である衣類であれば、なるべく早く洗濯するようにしましょう。

 

 

以上が、シミ抜きの基本的な手順です。ご参考ください。

また、当サイトでは他にも洗濯やシミ抜きについての情報を発信しています。下記の関連記事もあわせてご覧になってみてください。お読みいただき、ありがとうございました。

お役に立ったら、シェアしていただけると嬉しいです!

サブコンテンツ

このページの先頭へ